ストレッチは、筋肉のコリや疲れを癒し、

カラダを引き締め、しなやかで美しいボディ

をつくります。

 

 

でも、体重が減っただけでは

貧相にみえるだけです。

 

 

ストレッチはダイエットを始めるサポート

として、健康にきれいなボディをつくる

ために、重要な役割があるのです。

 

 

ストレッチでカラダの内側から

きれいになろう!

 

 

ストレッチといえば、スポーツ前の

ウォーミングアップや、寝る前に

リラックス効果を与えるイメージ

だと思います。

 

 

通常、ダイエットをするなら、ジムでの

トレーニングやジョギング、食事制限などだけ

で痩せることを考えがちです。

ストレッチできれいになれる4つの効果!

 

 

ストレッチには美容や健康に効果があると

いわれています。

 

 

ダイエットをするにも、美しく、健康な状態

でなければ、きれいに痩せたとはいえませ

んよね?それは、ストレッチの持つ効果に

理由がある様です。

ストレッチの効果①深い睡眠に付ける

ストレッチをするとリラックスできるので、

深い眠りにつくことができます。

 

 

熟睡することは、体内時計を正常に保つ

といわれています。

 

 

その結果として、睡眠中には成長ホルモンが

出るようになります。

 

 

このホルモンが、カラダに溜まった糖を

エネルギーに変え体脂肪を減らします。

別名「痩せるホルモン」とも呼ばれて

います。

 

ストレッチの効果②インナーマッスルを鍛える

ストレッチは表面の筋肉(アウターマッスル)

ではなく、(深層部の筋肉)インナーマッスル

のような、繊細な筋肉を鍛える効果が

あります。

 

 

鍛え続ければ、少しずつですが、引き締まった

きれいなボディに近づくことができます。

 

ストレッチの効果③体の曲がった姿勢を元に戻す

私たちのカラダは、普段の姿勢の悪さから

作られます。

 

 

デスクワークや立ちっぱなしのお仕事など

カラダを酷使していると、筋肉のコリや骨の

ゆがみがひどくなります。

 

 

そうなれば、ダイエットは愚か、脂肪の付き

やすい体型になってしまうのです。

ですから、ストレッチで姿勢をきれいに整える

ことは大切です。

 

ストレッチ効果④代謝を上げるサポートをする

新陳代謝をよくするためには、カラダに酸素

を取り込むジョギング、ウォーキング、水泳など

がよく知られています。

 

 

たとえば、ジョギングなら脂肪が燃焼し始める

までに20分くらいはかかり、ウォーキングだと

歩き始めてから温まるまでには、30分近く

もかかってしまいます。

 

 

運動前のストレッチで、効率よく代謝を上げる

ことで、エネルギーを消費しやすくなるので、

十分にダイエットのサポートになります。

ストレッチが筋肉にもたらす効果を知ろう!

 

ストレッチをすると、筋肉が伸びます。

筋肉が伸びると、筋肉内の毛細血管が刺激

され、血管の密度が濃くなることで、さらに、

酸素は取りこまれます。

 

 

よく、ダイエットして痩せるためには、有酸素

運動が有効だといわれていますが、この運動

前に、ストレッチをすることで、さらに、酸素が

取り入れられるから、新陳代謝が活発になり

やすいわけです。

 

 

この時、ストレッチのおかげで、筋肉が血管

を圧迫したり、緩めたりしながら心臓の

ようなポンプの役割をするので、血液

の流れを良くしていますが、それと同時に、

カラダに溜まった老廃物や、余分な水分も

流してくれます。

きれいになるストレッチ!おすすめのタイミング

 

ストレッチのための、タイミングはいくつか

あります。

 

 

せっかくやるのであれば、もっときれいよう

効率よく行いましょう。

ストレッチのタイミングの重要性を知る

*ストレッチおすすめのタイミング①

お風呂上がり

お風呂上りは、カラダがポカポカと温まって

いるので、代謝も上がりやすく眠る直前よりも、

まず、就寝1~2時間まえにお風呂に入り、

そのあとストレッチをし、ゆっくりと眠る準備を

整えましょう。

*ストレッチおすすめのタイミング②食前

体脂肪を落としやすくするためには、空腹時

の運動が有効といわれています。

ストレッチも同様で、普通、人のカラダは

お腹が空くと血糖値が下がります。

 

 

その時、血糖値は下がっているので、糖分

は空っぽの状態なのですが、運動すれば

当然、糖を消費しないといけません。

 

 

それが無いので、代わりに脂肪を分解し、

エネルギーをつくりだし、脂肪を燃焼する

のです。

 

 

このときは、少ない食事量でも満足

しやすくなるようです。

*ストレッチおすすめのタイミング

③食後20分以内

今度は逆に、食事をした後でも大丈夫です。

それは、20分以内であれば、まだ、血糖値が

上がるピークに達していないので、

脂肪をエネルギーに変えることが出来ると

いうわけです。

 

 

ただし、早食いをすると、血糖値は急速に

上がります。

できるだけ、ゆっくりと噛んで、食べ過ぎを

防ぎましょう。

ダイエットに効果的なカラダのパーツとストレッチ方法

ダイエットに効果をもたらすために、大きな

筋肉ほどしっかりと刺激してあげる方が、

効率よく脂肪の燃焼を助けるといいます。

 

 

逆にいえば、小さい筋肉を長時間動かして

いても、カラダ全体の新陳代謝はあまり上が

らないということのようです。

 

 

大きな筋肉とはどこでしょう?

*肩回りを柔らかくするストレッチ「三角筋」

1背筋を伸ばして立ちます。

2左腕を肩の高さに真っ直ぐ伸ばし、右片側

に回します。

3回した左腕を、右手で抱え込みます。

4抱え込んだら、ギューッと胸に引き寄せると

左腕が安定し、三角筋が伸びます。

5これで、1分間キープしたら、反対側もやり

ましょう。合計2分間です。

*背中の筋肉を伸ばすストレッチ

「脊柱起立筋」

1イスに浅く腰掛けて背筋を伸ばす。

2正面を向いたまま、右手で左肩を掴みます。

3左手は背中に当てて、その姿勢を安定させ

ます。

4上体をそのまま左にしっかりひねり、1分間

そのまま。

5反対も同じようにします。左右1回ずつ、

合計2分間です。

*お尻を引き締めるストレッチ「大殿筋や

中殿筋」

1背筋を伸ばしたまま、足を前後に開き

ます。

その時、後ろ足はまっすぐに。

2前足は膝を曲げて、足裏を内側に向けて

倒します。

3両手は前について、カラダを支えます。

4背中と後ろ足はまっすぐに伸ばせば、

お尻の筋肉が伸びます。

これを1分間です。

5反対も同様にします。左右で合計2分

です。

*太ももの後ろを伸ばすストレッチ

「大腿四頭筋」

1背筋を伸ばし、左ひざをついて立つ。

2右ひざは、前に90度に立てる。

3そのまま後ろの左足を両手でつかみ、

お尻まで上げる。

4大腿四頭筋が伸びるように真っ直ぐつかみ、

1分間。

5反対の足も、1分間で合計2分間です。

動画チェック!しなやかな体をつくる9分ストレッチで柔軟性を高めて代謝アップ

⋆1,263,560回も、視聴されているストレッチ

Youtube動画をご紹介します。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=LXzpn0jN8Bg

まとめ

*ストレッチをすることで深い睡眠に就くことが

出来れば「痩せるホルモン」を手に入れる

ことが出来る。

*ストレッチでインナーマッスルを鍛え、きれい

なボディをつくる。

*ストレッチは運動と合わせると、新陳代謝

を促進するサポートになる。

*ストレッチをするタイミング決めて、効果的に

きれいになる。

*毎日10分~15分のストレッチで若い

カラダをキープしてきれいになる。

 

 

いかがでしょうか?1日24時間のうち

たったの10分間できれいになる

ストレッチ。

 

 

さあ!始めましょう。

 

⇒効果的なダイエットの運動の方法はこちら!

 

この記事を書いた人

ゆそこパパ
ダイエットをこよなく愛する30代男性です。
男女問わず有益なダイエット情報を皆様にお届けいたします。
楽しみにしていてくださいね!